淫習の村~籠目の儀式~のストーリー

淫習の村~籠目の儀式~のストーリーを画像と一緒に紹介します。

淫習の村~籠目の儀式~

画像タップで即読み

淫習の村「清めの儀式」

多くの人々が認識していないくらいの山奥にある、地図にすら掲載されていない小規模な集落。

そこでは、古くからの恐ろしい淫習が継続しているという。

村の中にある小さな神社では、若い女の嫌がる声が聞こえて来た。

般若の面を付けた男達に取り囲まれ、既に半分以上肌を晒している娘は、必死にその行為に対して拒否反応を示している。

だが男達は容赦無く清めの禊と言われる儀式的な事を続けているのだ。

仏像挿入

超絶に勿体ない仏像プレイ

涙目で怯える娘は、この訳がわからない儀式に巻き込まれ、ただその時を待つしかない。

謎の仏像の前に連れて行かれた彼女は、怖すぎる面を付けた男達に生乳を揉まれ、パンツの中を弄られまくる。

知らない場所で、全く面識がない連中に怖い目に遭わされている若い女は、これが悪い夢であって欲しいと願っていた。

まだ処女である娘は、いきなり挿入されそうになり、さらに泣きわめき抵抗する。

その相手が不気味さ爆発な仏像なのだから、余計に嫌すぎるはず。

彼女の願いは叶わず、硬いモノに苦痛と共に初めてを奪われてしまった。

淫習の村最初の儀式

初めての挿入後がヤバい

同じ表情に見える般若達に見守られ、無機質な物体に犯される娘は、一旦行為を中断され拘束されてしまう。

今度は周囲にいた生身の男達に連続でヤラれてしまうのだ。

これが淫習の村と呼ばれる場所で行われる籠目の儀式である。

勿論フィニッシュは、中へ大量に注ぎ込まれる事となった。

どうして彼女、高瀬陽菜が、こんな悲劇的な事になってしまったのか・・・?

それは友人である川村里香が、失恋に対する傷心旅行へ行く事となり、それに付き合ってしまったからである。

村の男大暴走

村の男達が連続で襲いかかる

彼女がネットで見つけた怪しげな温泉宿へ向かった事が、全ての始まりと言えた。

その道中、山で足を滑らせて崖から落ちた後、籠目の歌が聞こえて来て陽菜は目を覚ます。

もうその時には、既に縄で縛られ、妙な着物に着替えさせられていた。

しかし彼女の周りには、例の般若の面を被った連中が籠目籠目とグルグル回っている状態。

そして、あの処女喪失儀式へと繋がるのである。

仏像に初めてを奪われ、正面から面を被った男にヤラれ、次は後ろから貫かれてしまった。

お手玉勝負のち凌辱

お手玉を落とすとヤラれまくる

でも、先程からの苦痛は弱まり、思わずぞくぞくするような感覚に支配されてしまう。

こんな恐ろしすぎる状況で感じたくなんかないのに、陽菜は快感に襲われているのだ。

処女を速攻で狂わせるとか、淫習の村恐るべし。

自身は犯されながらも、里香の事を心配する陽菜・・・。

散々犯されまくり意識がなくなった陽菜は、しばらくして意識を取り戻すが、傍には里香が佇んでいた。

友人の無事を喜ぶ陽菜だったが、肝心な里香本人は震えている。

ここでまたもやお面を被った男が現れ、淫習の村~籠目の儀式~についての詳細を語り始めた。

そして、里香がこの場所へ陽菜を連れて来た理由が、あまりにも衝撃的である事が発覚する。

淫習の村~籠目の儀式~

ここから立ち読みできます

淫習の村「儀式開始」

淫習の村~籠目の儀式~を読んだ感想

淫習の村~籠目の儀式~を読んだのですが、読み始めと中盤以降とは感想が変わりました。

舞台は割と気味が悪い印象がある山奥の村で、そんな所へ敢えて旅に出る女の子2人という違和感がいっぱいな話だと思いました。

でも、そこが既に、この漫画の謎の一部だった事に途中でわかるわけですね。

とりあえず、一番最初に儀式を見せてくる辺りは、淫習の村~籠目の儀式~という作品へのインパクトを充分に感じました。

何やら無理矢理大人しそうな女の子が、怖い面を被った集団に襲われているのですが、ここではえっちさよりも、むしろどうしてこうなったのかの方が気になりました。

こんな細かい描写に読ませる工夫が入っていて、予想以上に淫習の村~籠目の儀式~を読み進める事が出来たと思います。

アソコでけん玉をカチカチさせろ

けん玉プレイ

またえっちシーン1つを取っても、いきなり生き物ではない仏像で開通式とか、かなりマニアックです。

これらの各場面では、怪しい面を男達が着用しているから、余計に雰囲気が高まっていると思われます。

実際に素顔を見たら、意外とイケメンだったみたいなオチがあったら面白かったのに、なんて妄想もしてしまいました。

あと注目なのが凌辱のバリエーションですね。

大体淫習の村~籠目の儀式~なんて漫画だけに、とんでもない行為が行われそうな気配は読む前からありました。

で、実際に読んでみると、思っていたよりも凄い凌辱方法が繰り広げられていて、ビックリしたというのが素直な感想です。

一晩中こけしをハメまくるぞ

こけしの儀式

お手玉やらけん玉やらおはじき、挙げ句の果てにはこけし挿入と、昔のアイテム達が大活躍していました。

でも、ただ一方的な凌辱かと思っていたら、ヒロイン達が淫乱に調教されてしまって、超熱い事になっていきます。

そのままグダグダになるのかと思いきや、先が気になる各話の終わり方で本当に困っちゃいました。

まだ続きがある淫習の村~籠目の儀式~ですが、これからも続話情報に注目ですね。

また、真のエンディングは一体どうなるのか?本当に気になって仕方無いです。

淫習の村

気になる儀式の結末は?

淫習の村調教シーン

淫習の村~籠目の儀式~の本編を読む